パワートレイン開発

さまざまな仕向地、車両カテゴリーや顧客セグメントにおいて、最適なパワートレインとはどのようなものでしょうか?どのように効率を改善し、フリート目標を満足できるでしょうか?また、どのようにすれば2050年までにカーボンニュートラルを達成できるでしょうか?ぜひ私たちと答えを探しましょう。

LM antriebsentwicklung icon 16 9

コラボレーションの事例 :

将来規制対応 パワートレイン開発
 - 電動化 : MHEV/HEV/PHEV 制御ストラテジー、シリーズ/パラレル(P)HEVのシステム最適化
 - エンジン : BTE50%以上を目指す革新的な燃焼開発
 - 排気後処理 : 革新的なDeNOx後処理システムなどの最新技術開発

BEV開発
 - EVプラットフォーム 、e-アクスル、モジュラーコンポーネント開発
 - バッテリーのハードウェア開発、バッテリーマネージメントシステムのソフトウェア開発

水素動力システム開発
 - 水素エンジン : ロバスト性と低コストを兼ね備える水素エンジン開発
 - 燃料電池 : 20年以上の開発経験、コンポーネントからシステム開発、システムインテグレーション
 - 水素貯蔵システム : 高圧ガス、液体水素、LOHC等のタンク・貯蔵システム開発

ライフサイクルアセスメント(LCA)
 - 燃料、エネルギー生産チェーンおよびLCA目標を考慮した車両とパワートレインの設計、代替材料検討
 - さまざまな車種展開におけるパワートレインコンセプトのバランスとアプリケーションの検討

制御ソフトウェア開発
- 機械学習を用いた制御アルゴリズム、数学的処理を用いて自動適合 例)NOxモデル
- クラウドベースのオフボードモニター、コンディションベースの予測メンテナンス
- OBD : IAVモジュラーSWキットをベースとしたOBD制御とそのカスタマイズ

排気後処理システムの開発
 - 排気後処理選定におけるホリスティック評価、 性能、OBD、センサー、コスト等の全体最適化
 - 排気後処理用の新センサー開発 例)NH3ロードセンサー
 - AIベースの触媒モデル、センサーモデル
 - AdBlue結晶化予測の新メソッド

新メソドロジー
 - 合成ドライビングサイクルを用いたRDE対応、統計的アプローチ
 - 物理モデルと実験ベースモデルのハイブリッド型排気ガスモデル
 - パワートレインシンセシス : IAV独自開発ツールを用いたパワートレイン設計の最適解探索