長い間、水素利用はコストがかかり過ぎると考えられてきました。しかし、水素協議会(Hydrogen Council)の調査では、水素の生産、流通、アプリケーションの規模拡大により、2030年までに水素バリューチェーンのコストが劇的に改善されることが示されています。カーボンニュートラルモビリティを実現するための有望な手段として、水素アプリケーションに関する議論はますます活発になっていくでしょう。

燃料電池の開発

IAVは、燃料電池の開発にも20年以上携わっています。コンセプトから量産開発まで、セル単体から車両実装まで、またコンポーネント開発等、多くの実績があります。

コラボレーションの事例:

  • FCV用のパワートレインレイアウトの最適化
  • 燃料電池システムの車両実装
  • モデルベースによる燃料電池システムのコンセプト検証
  • 燃料電池セルの劣化予測モデル
  • モベルベースを活用した燃料電池コンポーネントの加速負荷試験
  • OBDも見据えた燃料電池システムの感度・ロバスト性解析
  • 電動コンプレッサーのコスト低減コンセプト
  • 燃料電池用の革新的なエア供給システム
  • 水素貯蔵システム、コンポーネント開発
  • 車両用の高圧ガスタンク、水素吸蔵合金タンクシステムの開発

水素エンジンの開発

IAVは近年、直噴および過給を含めた水素エンジン(水素を燃料とするレシプロエンジン)開発に深く関わっており、この技術に精通しています。水素エンジンの利点と現在の課題を認識しており、量産化に向けての知見もあります。

コラボレーションの事例:

  • 研究用単気筒エンジンを用いた革新的な水素燃焼開発
  • PFI / SI, LP DI および HP DI / CI (~300 bar)
  • 多気筒水素エンジンの試験と適合
  • 水素エンジンテストベンチ
  •  - 最大 660 kW / 3500 Nm
     - 過渡試験対応
     - 排気ガス試験対応、認証対応可能

  • IAV独自の高精度1Dモデルと3D CFDモデル(水素燃焼、NOx、ノッキング等のモデル)
  • H2-SCRのモデルガスベンチ試験と触媒モデリング
  • 水素エンジンモデルとH2-SCR 、NH3-SCR併用後処理モデルを統合したシミュレーション環境でのシステム最適化(コールド試験含めたNOx低減対応)
  • 水素貯蔵システム、コンポーネント開発

水素インフラ関連

スマート水電解装置

  • IAVは、低コスト、高効率でロバスト性が高いモジュラー型の水電解装置を開発しました。 プロトタイプは、ハノーバーメッセとウィーンモーターシンポジウムで発表され、 著名なパートナー企業において、水素生産が既に始まっています。

 

水素サプライチェーン

  • 技術面・経済面からの解析、独自の最適化ツールを用いたコスト最小のサプライチェーンの設計とコンサルティング

 

リアルタイムのエネルギーマネージメント制御

  • 物理モデルを用いたシミュレーションによりエネルギーフローを最適化、ロバストな制御構築
electrolyser